岡崎会沿革

ようこそ 医療法人社団 岡崎会グループに!


昭和58年12月、浜松市有玉の地名から『有玉病院』を、2階建ての入院病棟として開業しました。

当時高齢者の病院は少なく、昭和50年代には3病院だけでした。
昭和60年に3階を増築し、入院病棟を113床としました。ほとんど満床で、あまりの「忙しさ」にまさしく「心が無くなる」状態でした。

平成になり「介護力強化病院」と言われる時代に突入し、家庭復帰を目指す老人保健施設ができ始め、有玉病院では平成7年に『ハイマート有玉』を有玉病院併設で開設しました。

「ハイマート」はドイツ語で「ふるさと」という意味です。「故郷のような安らぎのある施設」という思いを込めて施設名をつけました。

(医)岡崎会組織は、理事長、院長の岡崎博の両輪として、経営部門を副理事長、事務長の役割を引き受けております。


多くの皆様のご指導、支えがあって、今日があると心から感謝しております。

「創設者の顔が見える」「患者様の立場に立つ」「十分な説明と同意」「質の向上を目指す」「地域に開かれた病院施設」を目標に…
皆様から選ばれる病院、施設を目指しています。

これからも末永く…よろしくお願い申し上げます


この【ホームページ】から……気軽にご相談ください、お待ちしています!

1983 (昭和58) 年 12月

  • 『有玉病院』 開院

1985 (昭和60) 年

  • 有玉病院を113床に増床

1988 (平成元) 年

  • 医療法人化

1995 (平成7) 年

  • 老人保健施設『ハイマート有玉』(100床)開設

1999 (平成11) 年 8月

  • 県の指定を受け、『訪問看護ステーション早出』を早出町にて開設

2000 (平成12) 年 1月

  • 有玉病院を療養型医療施設として、医療保険適用病棟と介護保険適用病床に区分

2003 (平成15) 年

  • 「身体拘束廃止へのガイドライン」を独自に作成

2005 (平成17) 年 10月

  • 『ハイマート有玉通所リハビリテーション』をハイマート有玉から隣地へ単独で移設

2007 (平成19) 年 4月

  • 『地域包括センターありたま』を開設

2012 (平成23) 年 12月

  • 訪問看護ステーション早出をハイマート有玉内へ移設

概要

理事長挨拶

副院長挨拶

沿革